業績向上案として|展示会の装飾を依頼するなら業者選びが重要|目を引く会場にできる

展示会の装飾を依頼するなら業者選びが重要|目を引く会場にできる

業績向上案として

女性

契約書管理において、電子契約書を導入することで、監査等の時に必要な項目を素早くピックアップしてリストを作り、提出することが可能です。探している目当ての契約書や原本をすぐに検索できるのも便利なので、わざわざ総務部などに連絡し、探して持ってきてもらう手間がかからなくなります。保管、管理、検索を全て社内で共有することができ、契約ごとに閲覧制限や操作制限を設けることもできるので、部外秘などの契約も安心して保管することが可能です。また、紙媒体の契約書をPDF化して保管、検索もできるので、今までの契約書や原本なども同じように利用できます。電子契約書管理を導入することによって、大幅な時間ロスとコストを削減することができます。契約書管理の種類として、オンプレミス型とクラウド型があります。オンプレミスとは、企業や会社が情報システムを各々で持ち、自社の設備において運用する、自社運用のことです。自社でサーバーなどを設置する際に費用が発生するので、初期費用がかかりやすいことに注意が必要です。しかし、長期利用を前提とするならば、結果として月々の費用は安く抑えられる傾向があります。クラウドは、サーバーが提供する契約書管理のサービスを、定額の月額料金で利用することができます。料金設定は、管理する契約数や、サービスを使用できるユーザー数などで変化します。必要なシステムを導入する必要性がないので、初期費用がかからないという特徴があります。